FX注文の種類を知って上手に資産運用

FXは個人投資家もたくさん行っている外国為替取引の一種です。

少ない証拠金でも、レバレッジを働かせることによって、何倍もの資産を動かすことができるので、上手に運用すれば、大きく資産を伸ばすことができます。


しかし、これからFXを始めようと考えているのであれば、FXに関するいろいろな注文方法を知っておくことが大事になってきます。

NAVERまとめを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

そこで、FXで行われる注文方方法の種類としては、ロング、ショート、指値注文、逆指値注文などが代表的な注文方法として考えられます。

まず、ロングについては、ある通貨を購入するということになります。

たとえば、円を売ってドルを買うということになれば、ドルの価格が高くなれば利益になるということになります。

ショートに関しては、ロングの逆になります。
自分が下がると思った通貨を最初から売ります。
このように、ある通貨を買いから入る注文方法がロング、売りから入る注文方法をショートと呼びます。

次に、指値注文に関しては、ある価格を自分で設定して、通貨がその価格になった時に通貨を購入、あるいは売却する注文方法です。


この方法であれば、自分が有利な価格で通貨を売り買いすることができることになります。



しかし、必ずしも通貨が自分の希望の価格にあるとは限らないので、売買チャンスを逃してしまう可能性があります。

逆指値注文に関しては、指値と逆に、自分が期待した方向と逆方向に価格が傾いたしたときに保持している通貨を処分する注文方法です。



これは、自分が思った方向と逆に通貨の価格が行ってしまったときに、早めに処分して損失を最小限に抑える場合に行う注文方法です。