資金効率のよいのがFX特徴

FXの大きな特徴として、資金効率が非常にいいというものがあります。


日本の場合、25倍までレバレッジをかけることができるので1ドルが100円だとした場合、4万円の証拠金があれば1万ドルのポジションを持つことができます。

NAVERまとめの最新情報が知りたい方にはこちらです。

外貨預金などで1万ドルを持とうと思った場合には、当然100万円を用意しなければなりませんがFXの場合にはたった4万円から外貨取引をすることが出来るのです。少額で大きなポジションを持つことが出来るというのは、当然リスクも高くなりますが金額が小さなうちというのは、損失が出ても大きくなりにくいものですから、特に資金力のない投資家にとっては利点の大きなものとなります。



株等の場合には、近年取引がしやすくなったといっても数十万円から百万円単位でお金がなければ、なかなか投資をしづらいものですがFXの場合には少額でも十分に満足出来るだけの利益を出すことが出来る取引が可能となっています。



利益をそのまま複利運用するにも適したものとなっていますから、少額の資金を短期間で大きく膨らませるということも不可能ではありません。

ただし、金額が大きくなってくればリスクも大きくなり、資金管理ができないと勝てば勝つほど借金を背負ってしまうリスクもあるものとなっているので、常に自己資金以上の損失が出る可能性があるということを忘れてはなりません。その点を抑えておけば、FXというのは非常に魅力的な投資対象となっているのです。