資産運用としてFXを選んだ理由

1000兆円を超える国の借金、もらえる年金額は減らされ納める額は上がり将来に不安を抱いている人は私を含めたくさんいると思います。
会社に勤め毎月安定した給料をもらうだけで本当に大丈夫なのか、将来に渡って今もらっている円はあり続けることができるのかと不安になり資産運用を考えるようになりました。株、FX、アービトラージなどいろいろと自分で調べた中でこれだと思ったのはFXです。

なぜそういう考えに至ったのかを述べたいと思います。

まず最初に思い立ったのは誰もが知っている株取引ですが、これは最初に必要とされる資金が多額であることや午前9時から午後3時までしか取引できないことがハードルの高さに繋がりました。

そしてアービトラージと言われる資産運用があるのですが、あまり楽しそうでないと感じたからです。たったそれだけの理由なのかと思われるかもしれませんが、これから長く資産運用をしていこうと決意したからには長く楽しくない作業をするのはとても苦痛です。



それに対してFXは必要な初期の資金が少なくて済むこと、そしてチャートを見て自分で考えて取引するのが楽しそうであること、そして24時間いつでも取引できる点がとても魅力的にみえました。
そうして取引を始めてもう4年くらいになります。最初はうまくいきませんでしたが徐々に資金が増えるようになってきました。


きちんと勉強し諦めなければ結果がついてくるのもFXだと思います。

明日に役立つgoo ニュース情報を利用してみませんか?

地道に頑張れる人ならば資産運用としてFXを選択するのは間違いではないと考えます。